2017/06/08

  かぎ針編みでの楕円形編みの考え方    

鍵編みで円は編み図を見ずに編めるけど、楕円って難しい…

と思っていたのですが、基本の編み図が分かると、毎回編み図を見なくても、簡単に編むことができるようになります。


楕円形の基本の編み図です。

以前は編み図を見ただけで思考停止していましたが、自分で編み図を書いてみて、編んでみると、

はっ!(`-ω-´)✧

とある時分かるようになりました。
分かるようになった編み方を紹介していきます。
あくまで素人の自己流のやり方なので、変なこと言ってたらごめんなさい(。´□`)


円が編めれば楕円も編める

要は、円を編むのと同じなんです。
半円と平編みと半円がくっついていると考えます。

円を半分に分けて…

真ん中に平編みを入れると楕円になります。



この考え方はまいにち、てしごと。さんのブログで発見!
目から鱗でした。


円を編む時は、私は6目ずつ増し目するのですが、楕円形に編む時は8目ずつ増し目をすると良い感じになります。

なので、①、③のカーブの部分で増し目を2回ずつ入れます。


楕円形に編むポイント



鎖18目で編み始め。
増し目なしの②の部分は18マイナス4で14目。
鎖編みの編み始めと編み終わりの2目ずつのところで線を引くと分かりやすいです。

増し目をする①の部分は、

真ん中は細編み、
細編みの両隣は増し目2回

になります。

2段目:∨∨×∨∨
3段目:××∨∨×∨∨××
4段目:××××∨∨×∨∨××××
5段目:××××××∨∨×∨∨×××××××

…とこんな感じです( ´◡` )


編み始めの目数マイナス4が増し目なしと覚えると、色々なサイズの楕円形が編めます!

増し目の仕方は色々なので、自分のベストな増し目を探して、自分で編み図を書いてみるのがオススメです。


次回は、写真付きで楕円の編み方解説です。


0 件のコメント:
コメントを投稿